Top > 日常 > 裁判所にでむく

裁判所にでむく

特定調停というのも任意整理による解決と同じように、おのおのの債権を有する者へ返済を継続していくことを前もって決めた債務の整理の選択のことです。

 

わかりやすくいうならば裁判所における任意整理と考えればいいでしょう。

 

特定調停も先の方法と同じように破産とは違って一部の借金だけをまとめていくことになりますので他に保証人が付く借入金を除き手続きしたい場合や住宅ローンの分以外だけを手続きをしていく場合等においてでも検討することが可能ですし資産を処分する義務はないので自動車や有価証券資産を所有しているものの放棄してしまいたくない場合においても選択肢になる債務整理の方法といえるでしょう。

 

ただ、手続き後の返済に必要な額と実際に可能な手取り額をかんがみてある程度返済の目処が立つ場合においてはこの手続きを進めるほうが良いですが破産宣告とは異なって負債そのものが消滅してしまうという意味ではありませんので、合計が巨額な場合などは実際にこの方法での手続きを進めることは難しくなるといえるでしょう。

 

あと、この手順は公的機関が間に入ってくるので司法書士事務所などにお願いしなくてもリスクが増える心配がないということとかお金を削減できるという利点は魅力的ですが、お金の貸し手からのわずらわしい取り立てに対し自分で対応することになる点とか実際の裁判所に何回も足を運ぶ必要がある等の要素もあります。

 

さらには、任意整理との比較点ですが、最終段階でも解決できないような時は求められている利息を全部含めた状態で振り込んでいくことになるということや最終的には貸方に対して返済する合計額が任意整理の場合と比較して割増しになることが多い等の注意が必要な点もあります。

 

日常

関連エントリー
「あと少しで給料日!」との方にとって大助かりの少額融資では...。千葉の浮気調査|ちょっとでも怪しまれてしまうことがあると...。お医者さんに脅されて。裁判所にでむくテスト